ボトックスの副作用を知ろう|後悔しないための豆知識

筋肉の収縮を弱める作用

ウーマン

使用目的とリスク

ボトックスとは主に顔の整形に用いられる薬品の事です。端的に言えばボツリヌス菌から抽出した毒素を顔に注射する美容整形法の事を指します。毒を注射すると聞くと怖いイメージを持ちますが、毒も上手く使えば薬にもなります。ボトックス注射をすると、注射した個所の神経と筋肉がブロックされます。ブロックされることによって筋肉の収縮を弱めることがボトックス注射をするうえでの最大の目的です。では、実際に美容整形ではどういった症例において活用されるのかをみていきましょう。例えば筋肉が収縮することを防げるということを利用して、現在できているシワを解消したり、将来とても深いシワになりそうな部分にボトックス注射をして予防したりといった場合によく用いられます。また、効果はシワを消すだけではありません。筋肉が収縮することを利用して小顔効果を狙うことが可能です。例えばエラが気になる人は、エラの部分に注射をすることによってエラが小さくなったり、顔全体を小さくしたりというような効果が期待できます。また、毛穴が開いている人や体臭が気になるという人にも効果的です。注射をすることによって毛穴が小さくなったり、多汗症が改善されたりします。このようにたくさんの効果が期待できるボトックス注射ですが、気になるのは副作用でしょう。医学的にきちんと管理されているとはいえ、毒を注射しているわけですから、副作用が発生することもあります。しかし、副作用の発症を回避する方法が一つあります。それはボトックス注射の費用に注目してみるということです。美容整形というのは100パーセント自己負担なので、治療費は特に定められていません。つまり病院側が自由に料金を設定できます。あまりに安い価格で施術を提供している病院は、ボトックスではない類似の薬品を使用している可能性があります。なので、美容整形を受ける際の病院選びでは、安易に値段が安いからという理由では絶対に選ばないようにしましょう。また、まれに質の高いボトックスを使用していても副作用が生じる場合があります。その副作用の一つとして挙げることが出来る症状に頭痛があります。しかし、これらはたいてい数週間からひと月ほどで改善されるため、心配する必要はありません。どうしても、副作用の症状が強いと感じる場合には、治療を受けた美容クリニックへ足を運びましょう。副作用の症状を申告すれば、痛み止めなどを処方してくれます。また、医師に相談することで安心することが出来るでしょう。優良な美容クリニックでは、アフターケアに関しても充実しています。口コミ評価などを確認して評価の高いクリニックを探しましょう。最近では、美容クリニックの情報サイトが多くあるので、参考にすることができるはずです。