ボトックスの副作用を知ろう|後悔しないための豆知識

表情が不自然となることも

注射を持つ医者

質の良い薬剤を選ぶ

美容整形の中でも、最近特に人気となっているのがメスを使わない、いわゆるプチ整形です。プチ整形にも多くの種類がありますが、特に注射だけで行えるものは短時間の施術でありながら高い効果が得られる、効果が長く持続するということで人気となっています。ボトックス注射は特に有名な施術で、気になる部位に注射をするだけでシワが目立たなくなる、小顔になれるなど様々な効果を得ることができます。美容効果の高いボトックスですが、やはり副作用が起こることもありますので、施術前にはそのリスクについてもよく知っておきましょう。まず、起こり得る副作用としては、表情がなくなる、不自然になるということがあげられます。ボトックスは筋肉の動きを抑える効果があり、それにより表情でできるシワを目立たなくすることができますが、注入する部位や量によっては表情が動かしにくくなったり、目のまわりに注入した際はまぶたが下がったりしてしまうこともあります。さらにおでこ、眉間に施術を行った場合は、目が開けづらくなることもあるとされています。こうした副作用も一時的なものですので、自然と回復することも多いですが、副作用が強く出る場合は早めに医師に相談しましょう。また、注射を打つこととなりますので、術後に痛みを感じたり、施術後の腫れや内出血が起こったりすることもあります。施術後に飲酒や長時間の入浴、激しい運動を行うとダウンタイムも長くなりますので、副作用を抑えるためにも安静に過ごすことが大事です。施術箇所を強くマッサージしてしまうことも、薬剤を別の部位に広げてしまうこととなりますのでこちらも避けたいところです。まれにアナフィラキシーのような症状を起こす人もいますので、アレルギーの症状が出たらすぐ医療機関に連絡を行いましょう。ボトックスはエラに打つことで小顔効果が得られることでも知られていますが、この場合も薬剤を大量に注入したり、必要以上に施術を繰り返すことは筋肉を使わなくなったりするので、その周囲がたるんでしまうというリスクもあります。それゆえ、理想の状態にするのであれば適切な量や回数を守ることも大事です。そしてボトックスは脇汗を止める治療としても人気ですが、脇からの汗が止まっても、別の部位から発汗が起こることもあるとされています。ボトックスでの副作用を防ぐためにはまずは高品質な薬剤で施術を行っている医療機関を選ぶことが大事です。他よりも安く施術を提供している場合は安価な薬剤が使われている可能性がありますので、クリニック選びは慎重に行いましょう。そして、医師の技術力によっても仕上がりや副作用の出方にはかなり差も出てきます。注入する部位や量が適切でないと副作用も強く出てしまう可能性がありますので、できるだけ高い技術力で対応してくれる医師を選びましょう。